奥さんがだんなさんの浮気に気づいて調査のために探偵を雇うという

184月 - による 旦那の浮気現場|不倫が発覚したら浮気の証拠集めを - 0 - 未分類

奥さんがだんなさんの浮気に気づいて調査のために探偵を雇うというシーンって、ドラマでも時々見かけます。ストーリーの中の探偵さんの仕事を見ていると、なんだか簡単にできてしまいそうに思えます。でも、たとえば警戒している調査相手にわからないように追跡し、バッチリのタイミングで写真を撮るというのは経験が物を言う仕事です。調査したい相手に露見するのは不利以外の何物でもありませんし、最初から探偵に任せたほうが、依頼者にとっても安全です。
不倫の理由にしばしば挙げられるのは、ワンパターンな結婚生活から逃げ出したかったというものです。異性として恋愛対象になるという気持ちの高まりが浮気へと走らせるようです。怒ったところで逆効果ということもありますから、二人でいる時間を作り、自分たちが何が不満なのかを語り合うことも大事です。
浮気の素行調査を探偵社に依頼する時は、妥当な価格というものを調べておいたほうが良いです。
不安感を煽って高額な契約を押し付ける悪質なところも存在するからです。
それに、一律料金や割安料金で安心感を与え、追跡調査時の経費や機器代など、割高な支払いを要求されることもあるので、追加料金の発生条件等も、しっかり確認させてもらうようにしましょう。
そうしょっちゅうあることではありませんが、浮気調査で探偵を利用した際、代金のことでトラブったなんてこともあるみたいです。
というのは、最初に出してもらった金額のほかによく分からないオプション料金や経費が生じていて、あわてて契約の解除をしようにも、多額のキャンセル料が必要になることがあるからです。
こうしたことを避けるために、依頼前によく確認しておくことが大事ですね。
そのときの説明で納得がいかなければ、ほかのところを探せばよいのです。
実際、不倫行為にはまっている人は、鬱状態に陥りやすいようです。共通する点といえば、常時精神的な負担があるということです。恋愛の片方が既婚者か、W不倫の場合、不安やストレスを心の中に抱えることが多くなり、それがウツにつながるのですね。
浮気している方がそれだと、当然、残されたパートナーだってメンタル面の病気になりやすいです。
一線を超えた途端、お互いのためにならないとは知りつつも、依存してやめられなくなってしまう。
あとになれば虚しさだけが残るのが浮気というものです。もし、今の家庭環境に不満でも、しっかりケジメをつけずに新しい相手とやり直そうというのは、お気楽すぎると誰もが思うでしょうね。本来は夫婦の問題であるのだから、もっと上手な解決方法を模索すべきですし、子供がいるのならなおさら慎重になるべきです。
後悔するのが分かっていても、浮気という手段をとるのでしょうか。
浮気の確固たる証拠を提示できない場合、離婚や慰謝料請求の裁判では、苦戦を強いられるでしょう。なぜなら、裁判所で浮気の事実を認めないこともあるからです。「疑い」レベルではクロ扱いされないということですね。そんなときこそ決定的な証拠を見せてやる必要があります。
思い違いで離婚裁判や慰謝料請求なんてことは不本意ですよね。
ですから、調査で証拠を確保することをおすすめします。
興信所といっても、知らない会社に相談するのは怖いという方もいらっしゃるでしょう。個人情報を伝えることが不安というのであれば、匿名での問い合わせや相談に応じているところも多いですから、うまく活用して、これなら良さそうだと判断できたら、本名を伝えて詳しい話を詰めていくというふうにもできます。全国展開している大手業者であっても、一番良いとは断言できないものの、やはり規模が大きめの探偵社(興信所)に頼むと安定した仕事をしてくれるように思います。
中小にも良い会社はあるはずですが、中にはきちんとした探偵業務も行わずに金銭だけを要求してくるところや費用の説明が不十分なところもあるからです。
また、親切に相談にのってくれるかどうか、契約や料金についてきちんと説明があるかも、重要です。探偵社の仕事を便利屋に頼めば安くつく。
こう考えたあなた、それは大きな間違いです。
この二つには大きな違いがあるんですよ。
様々な頼まれ仕事を引き受ける便利屋は開業許可等を必要としませんが、興信所や探偵社のほうは、警察署経由で所管の公安委員会に開業届や誓約書等を出し、正式な認可を受けるまでは開業できません。
法規制がない便利屋と違い、高度で専門的な仕事と個人情報を扱うのが探偵業です。どのへんまでを浮気というのかは、それぞれの価値観や倫理で違いがあるようです。たとえば、自分以外の異性を誉めたり、手をつないだり腰に腕を回すなどの接触を浮気と感じる人もいます。
ちなみに法律の上では、肉体関係があれば「不貞」となります。
まあ、順風満帆な結婚生活を続けたければ、不倫しているのではと勘ぐられても仕方ない行動は慎むにこしたことはありません。
探偵社と興信所の違いはなにかと聞かれることがありますが、していることは違いがないですし、名前のみと考えていただいて良いでしょう。
離婚裁判などで配偶者の浮気を請求事由にするつもりなら、配偶者の浮気の確固たる裏付けがないと、まともに取り合ってもらえないようです。自分で証拠を得ようにも相手にバレたらおしまいですし、きちんとした人材と機材を揃えた探偵事業者にやってもらえば、結局のところ一番ラクに確実に離婚できるのではないでしょうか。離婚だけでなく慰謝料を要求するときだってきっと役に立つはずです。
配偶者の浮気にピタリととどめをさすには、明確な浮気の証拠をつかみ、不倫の慰謝料を求めるというのが最も効果的です。
不倫の相手のほうではあまり深く考えていないというのが現実だったりします。
代償としての慰謝料を要求することにより、不倫の罪や現実を思い知らせるのです。
興信所に不倫の追跡調査を依頼した際、追加で料金が必要になることもあるようです。その時は、まず契約書を確認しましょう。
そこには別料金を含む料金の算定方法が明記されていると思います。
そういった理由からも、契約書をじっくりと読んで理解しなければいけません。
もし不明な点があるのなら、契約を交わす前に今一度確認させてもらうことが大事です。不倫の追跡調査を探偵業者に依頼するにしても、それにかかるコストは無視することができないファクターでしょう。探偵業者の多くは無料で相談を受け付けていて、料金面での不安はなくなりました。もし、悪質な業者にあたる危険性を危惧しているならば、先方の営業所は避けて、不特定多数の客がいるコーヒーショップなどで懇談するのも良いと思います。不本意な契約の防止につながるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です